病院

包茎の種類を解説

男性

包茎と一口に言っても、いくつかの種類に分かれます。「仮性包茎」、「カントン包茎」、「真性包茎」の3つに分類されます。包茎状態でいる男性の過半数は、仮性包茎と呼ばれるタイプに当てはまります。仮性包茎は、勃起時に自然に皮が向けるものの、それ以外の時は皮を被っている状態となっています。ただ勃起時でなくても、自分の手で皮を剥くことは可能です。カントン包茎は、皮を剥くと強い締め付けを感じてしまうタイプです。仮性包茎と混同しやすいので、包茎手術を受ける際の診察時に初めて自分がカントン包茎であると気付く男性もいます。真性包茎は、一切皮を剥くことができないタイプです。皮の中にある恥垢を取ることもできないので、性病にかかる可能性もかなり高めと言えます。

包茎手術は、泌尿器科や形成外科がある専門の病院やクリニックで受けることができます。「包茎手術は高い」と思っている男性は少なくありませんが、実際のところそこまで高くはありません。カントン包茎や真性包茎であれば、17~18万円くらいで受けることができます。仮性包茎はさらに安く、15万円前後で受けられます。クリニックはキャンペーンを展開することも多いので、キャンペーン期間中であれば数万円分安く受けられることもあります。仮性包茎を10万円以下の料金で受ける、ということも珍しくありません。キャンペーンやクーポンなどの情報は各クリニックのHPで頻繁に告知されるので、これから包茎手術を受けようと考えている方はなるべく多くのHPを見て回りましょう。なるべく安く包茎手術を受け、体にも財布にも優しい包茎手術を受けに行きましょう。