病院

ED治療時の注意点

男の人

「ED治療中に飲酒してはいけない」という注意文句を聞いたことがある、という方は多いかもしれません。確かにED治療中、飲酒をすること自体は望ましいことではありません。しかしそれはあくまで「過剰摂取」の場合です。摂取量さえ意識すれば特に大きな問題は無いのです。もともお酒は心身に対して大きなリラックス効果を促す飲み物となので、むしろ少量であれば良い影響を促してくれます。特に心因性のEDを抱えている方は、毎日少量のアルコールを摂ることで精神的に大きな落ち着きと回復を得ることができます。ただ前述した通り、過剰摂取には十分気を付けるようにしましょう。過剰摂取をしてしまうと、脳の機能が鈍くなり、勃起しづらくなってしまうからです。また、飲酒後にED治療薬を服用すると、血圧が低下してしまうという調査結果も出ています。そのままの状態で時間を過ごすのであれば特に大きな問題は無いのですが、もし性行為をするのであれば、心臓に大きな負担がかかってしまい非常に危険な状態となります。飲酒後にED治療薬を飲むのであれば、なるべく少量に抑えるか、もしくは治療薬の服用後や性行為の後に飲むようにしましょう。

ED治療薬として使用されるバイアグラを飲酒と一緒に図る、という方が多いですが、これは望ましいことではありません。なぜなら本来得られる効果が半減してしまうからです。お酒や食事に混ぜて使用したらほとんど意味が無い、と捉えてよいでしょう。基本的にバイアグラは食前1~2時間前に服用する薬です。飲酒時にお酒と混ぜて飲む、食事に混ぜて飲むといったことをせず、食前にバイアグラだけを服用するということを守りましょう。